PAGE TOP

CL教育研究会 ― 建設的な生き方 ―

初めての方へ

CLとは

Constructive Living = 建設的な生き方

事実の教えを知り、行動を使って、実際的に注意深く生きるために、誰にでも学習しやすい形にした教育法です。

思慮深く、想像や理論、ことばにとらわれず、実際と確かめ、事実に基づく実際的な判断・対応をする人に近づくための学習法です。

このような方にCLの学習をおすすめします
  • 人とうまく話せるようになるには?
  • いつも気分よく過ごすには?
  • すっきり起きるには?
  • 初めて会う異性と何を話したらいいのか?
  • 仕事で認められるには?
  • 友達に嫌われないようにするには?
  • 仕事と結婚生活をうまく両立するには?
  • 運動を持続するには?
  • 子供に勉強をさせる方法は?
  • 子どもの話をうまく聞いてあげるには?
  • めんどうな片づけや掃除のうまい方法はある?
  • 自分や人を信じられるようになるには? ...など

心ではなく、行動を変えることを目的としています。課題を実践して学びます。

2,000年以上昔から人が繰り返し経験して考え 工夫して手に入れた知恵がたくさん入った宝の山

その山の入口のドアを開ける鍵 = あなたの“?”(どうしたら)をもっと細かく

“?”(どうしたら)を探して鍵を回すと答えにつながる知恵がみつかる

知恵の通りに進むとあなたの新しい道ができて「答え」が手に入るのです。

CL2つのキィーポイント →建設的に生きる鍵

事実を受け入れ 目的を知り 必要な行動をする

 

自分で直接変られない事実―例えば、自分以外すべての人、病気、信号、感情…は認めて、受け入れる。

目的をたしかめて、行動する。

 

 

例えば、朝、眠いし、起きたくない、面倒と思う気持ちと闘わず、

湧くままにして、今日一日の目的にそって、ふとんから立ち上がって、身支度する。


事実とは
@五感で知る事実
・現在、自分を取り巻く環境にある:人(自分も含め)、物、動物、自然などの一つ一つ。
A自分が生かされていることを詳しく思い起こして知る事実
・現在と過去に自分が世界から受けとっている支援の一つ一つ。

Constructive Livingは1970年代 D.K.レイノルズ博士によって設立され、世界中で270余名(2011年春)の指導資格認定されたCLインストラクターが(南アフリカ、フィリピン、イギリス、ドイツ、ニュージーランド、ポーランド、オーストラリア、メキシコ人を含むカナダ17名、日本94名、アメリカ140名)点在する。 レイノルズ著のCL図書はアメリカ、日本、イギリス、中国、ドイツ、オーストラリアおよびメキシコで10万冊以上販売された。

新聞、発行誌掲載のCLに関する記事は、Cosmopolitan (1990年5月)、USA Today(1990年8月25日)、New Dimensions(1990年)、Health(1991年3月)、New Woman(1991年11月)、Self(1992年11月)、ジャパンタイムズ(1993年10月31日)、Sun(1993年11月)、「O」マガジン(2001年3月)、他多数。

D.K.レイノルズ博士紹介

David K. Reynolds Ph.D. 1940年米国オハイオ州生まれ

心理学的文化人類学者UCLA博士号

  • 「Constructive Living―建設的な生き方」創始者
  • 「Constructive Living Center」所長
  • 元生活の発見会顧問
  • 元森田療法学会理事
  • 元内観療法学会運営委員

30冊以上の著作(内CL図書14冊、日本語訳書7冊)をはじめ中国、インドなどでも翻訳出版されている。

 

dkreynoldsjapan@gmail.com(日本語対応、返事英語)

http://constructiveliving2.weebly.com/


レイノルズ博士略歴
1959 海軍兵として米国軍艦で来日した際、墨絵に興味を持ち、日本人との関わりから自分とも共通する、日本人の心が理解できれば自分の心もわかると考え、帰国後、UCLAで心理学を学ぶ。その後文化人類学に転向。
1964〜1966 森田療法家・大原建士郎博士と出会い、同氏の勧めで日本において森田療法の実践、調査研究を行う。
1966 日本国立衛生研究所で研究中、同研究所所長・加藤正明氏に薦められ、大和郡山で七泊八日の集中内観を実践し、「内観療法」をも研究する。森田・内観療法を取り入れた新しい生き方教育法−Constructive Living「建設的な生き方(CL)」−を創案。
1969 森田療法研究博士論文でUCLA文化人類学の博士号を取得。
1970〜1971 UCLA公衆衛生学部助教授就任。
1974〜1979 南カリフォルニア医科大学・精神医学部助教授 米国政府からの依頼で自殺予防体制の研究のため、自ら自殺願望の鬱患者となり体験調査を行う、「内からみた自殺」共著を出版。
1979〜1980 ヒューストン大学・人類学部助教授、准教授就任。
1980〜2011 春秋3ヶ月づつ日本に滞在、夏冬3ヶ月づつ在米。
1988 世界医療協会の顧問として中国に滞在。
1980〜1991 ロスアンジェルスに東道研究所を設立、所長就任。以後、弟子に譲渡。
1989〜現在 オレゴン州Constructive Living Centerの所長として著作の傍ら、主に米国、日本でCLの講演、指導、インストラクターの養成で活動している。指導資格を与えたインストラクターは海外(アメリカを初め、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、オーストラリア、ドイツ)で178名、日本で94名。
1992 森田療法学会・第1回高良賞受賞
1997 森田療法学会・第8回森田賞受賞
2012 年二回春秋季に飛行機恐怖症でも航空券を買って一ヶ月ごと滞日 主な目的は講演と登山

 

レイノルズ博士絵葉書集

過去40年間以上、飛行機恐怖症でありながら、講演やCL指導のために日米間を毎年2回往復している。「コントロールできない感情(この場合は、飛行機恐怖症)はあるがままに受け入れ、目的を知り、事実が示す必要な行動をする」CLの教えを実際に活かしている。

機内で「怖い」感情が湧くまま、一時、恐怖から気をそらすために、プレゼントにする絵葉書を描きます。数年前までは一睡もせず35枚前後でしたが、最近は安定飛行だと5、6枚描くだけになりました。怖くてもチケットを買って(買わないと乗れない)乗る長年の体験で飛行機恐怖症が軽くなったのかもしれません。


1990年「ききょう」

1994年「金魚」

1999年「ぶどう」

2004年「蝶と菊」

2008年「竜」

2009年「ユリ」

2014年「桜」

2017年「すいせん」


CL教育研究会の歩み
設立

1992 CL教育研究会設立 主宰:遠間美保子

レイノルズ博士講演会

1994.5 1997.4 東京お茶の水湯島聖堂(CL教育研究会主催)

以降、北海道から沖縄まで各地講演会(個人、企業、森田集団会、大学、CLインストラクター主催)に同博士同行。

講師活動

1992〜 遠間美保子・小木晴代講師

  • 講演会(学校、企業、生活の発見会、森田集団会主催)
  • グループ学習会
  • 個人相談/学習
  • 通信相談/学習
  • 「CLとは」ちらし配布、CL図書販売
季刊誌
  • 1996.2〜2011.5(年4回発行)
  • 2011.8〜 現在 CLWebsiteに掲載(年4回更新)
トレーニング
  • 1990.11〜1991.10 都内2日〜3日間の研修会を開催し受講 レイノルズ博士指導
  • 1992.4 4名 KAUAI Island 指導・主宰:D.K.レイノルズ博士 日本人2名が初期インストラクター認定を受ける
  • 1994.10〜2002.10 2009.4 年一回春秋季、前/後期各5日間
    会場:KDD研修センター(埼玉県)、OVTA(千葉県千葉市)、奈良内観研修所、大学セミナーハウス (東京都八王子市)
  • 第一回受講生20名 内10名インストラクター認定
  • 1996.10〜2011.5  静岡毎年1、2回開催 主宰:杉井保之主催 
  • 1998.11〜2008.4 年一回 奈良内観研修所 主宰・アシスタント:三木潤子 
  • 2013.5 ウィルさいたま 主宰:吉澤隆
IACL(国際CL集会)

日本人インストラクター初出席 1995.8 毎年夏季3泊4日アメリカ、カナダで各国インストラクターが開催。毎年日本から10名前後出席。

日本では4回開催、1〜2泊の2、3日間。海外からの出席者は1999.4山梨県、2004.5奈良県。



アドバンストレーニング(CLインストラクター研修会)

1994.10〜2002.6 年2回 日本全国各地インストラクターが開催

NACL(名称変更・日本CL集会)

2002.11〜2011.5 IACLと共催の年有り

CLインストラクターの会

2012.5〜年1回 レイノルズ博士によるアドバンストレーニングとインストラクター研修・交流 

CL図書発行


Webサイト

http://docl.jp (2004.4〜現在)

その他の活動

CL書籍(原書、翻訳本、著書)の販売、保管

トレーニング(合宿研修と指導資格取得)

トレーニングとは

トレーニングの内容

10日間で人生の基本を知識と実践体験で身につける宿泊研修

よくある質問

Q:CLって宗教?
いいえ、宗教ではありません。生活の基本を身につける行動と現実に焦点を当てた学習方法です。
Q:CLって心理学?
いいえ、心ではなく、行動を変えることを目的としています。 課題を実践して学びます。
Q:CLでうつを治せるの?
いいえ、CLは医療ではなく教育なので、専門医へご相談ください。うつの症状がありながらも、生活面をすこしづつ建設的な行動で整えていくことで、軽減するかもしれません。
Q:CLで悩みをなくせるの?
世の中には自分の力で変えられないこと(天気、相手、時間など)があるので、思い通りにならないと悩み、問題を抱えます。誰にも大なり小なり悩みが起きるのはあたりまえです。一つの悩みがなくなっても別の悩みが生まれてきます。悩みがありながら、仕事、生活、趣味に励む。あるいは悩みにうまく対処する方法をCLで学習できます。悩みは生きる力がつく人生の教材として取り組みます。
Q:CLって難しいの?
行動を変える学習方法ですので、老若男女、どなたでも学ぶことができます。日本語がわかる2歳から死を迎える年齢まで、学習できます。講座では70代、個人学習では3歳から80代の人が学んだケースがあります。常識に近い教えは理解しやすく、行動そのものは簡単ですが、いざ、行動し、続ける努力は簡単ではありません。
Q:CLはどこで学べるの?
ご自宅(電話、e-mail等)、カウンセリングルーム、散歩しながら、喫茶室、各地講演会、グループ学習会等、あなたのライフスタイルに合わせて学べます。
Q:CLって誰が教えてくれるの?
創始者であるD.K. レイノルズ博士と、カウンセリング経験豊富なCLインストラクターがあなたの学習をお手伝いします。
Q:CLってお金がかかるの?
費用については受講案内をご覧ください。

 

CLについて詳しくお知りになりたい方は下記インストラクターまでお問い合わせください。

千葉県市川市
CL教育研究会 遠間美保子

047-326-2031(平日9:00~17:00)
 amhotm@gmail.com (48時間以内にお返事いたします)

千葉県柏市
相談室ベターデイズ 小木晴代

h-ogis8docl@tbz.t-com.ne.jp(48時間以内にお返事いたします)